<
MENU

ブログ

Blog

子どもの歯(乳歯)を抜歯して歯並びを改善した症例|薬院六つ角矯正歯科|福岡市中央区の薬院大通駅近くの矯正歯科

子どもの歯(乳歯)を抜歯して歯並びを改善した症例

こんにちは!

薬院六つ角矯正歯科です!

 

今日は症例についてご紹介します。

主訴は、子どもの歯が残っている、大人の歯が少ない、歯並びがガタガタです。

お口の中を診ると、下顎第2乳臼歯(E)が残っており、上下の歯列不正が認められました。

診断の結果、上顎の4番目の歯とEの合計4本を抜歯する矯正治療を行いました。

治療前後の写真とレントゲンを載せます↓↓

 

下顎第2乳臼歯(E)を抜歯し、治療後は、完全に隙間を閉じることができた

 

性別 :女性

診断名:下顎両側第二小臼歯先天性欠如を伴う叢生の抜歯症例

治療期間:2年1ヶ月

使用した装置:マルチブラケット装置(表側)

抜歯部位:上顎第一小臼歯、下顎第2乳臼歯

精密検査、矯正治療費用総額(消費税込み):933,000円

治療のリスク:歯肉の退縮、歯根吸収、歯髄充血

 

今回の症例のように大人の歯が生えてなく、乳歯が残っている場合は、矯正治療として、主に2つあります。

1つ目は、上記の症例のように抜歯して、隙間を閉じる方法です。

2つ目は、乳歯を抜歯しないで、可能なかぎり残したまま治療し、将来的に乳歯が抜けたら、インプラント治療を行う方法です。

今回は、1つ目の方法で治療し、良好な噛み合わせを得ることができました。

 

※実際の治療は個人差がありますので、あくまで参考とお考えください。

以上となります。治療前後だけの写真ですと、すごく簡単に治ってますが、ここまで治るのに患者様本人は大変だったと思います。

矯正で歯並びを治したい方は、お気軽にご相談くださ〜い😁

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ